ポルシェボクスター     PORSCHE BOXSTER 987/2.7/MT を買いました。
by ruha
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
インテグレーテッドドライサンプ
ボクスターを購入するにあたって、カタログを読みあさっていると「ドライサンプ」の光る文字を発見しました。「ドライサンプ」といえば、高級スポーツカーエンジンの証。さすがポルシェ、ボクスターも手を抜かずドライサンプを採用してあるんだと感動しました。ところで、ドライサンプの意味ってなんだっけとちょっと調べてみました。

ドライサンプ=dry sump  ※sumpとはオイルパンのこと

ドライサンプの反対はウェットサンプといって、オイルパンにエンジンオイルを溜める方法のことで、普通の車はみんなそうです。じゃあドライサンプはどうなのかというとオイルパンにはオイルを溜めず、別のオイルタンクへポンプを使って循環させる方法です。なぜこのコストのかかる複雑な方法でオイルを循環させる必要があるかというとそこはポルシェならではの理由があります。

「ドライサンプのメリット」
1. ハードなスポーツ走行時、特に旋回している時にオイルパン内でオイルが横に片寄ってしまって瞬間的にオイルが吸い上がらず焼き付けをおこすことを防ぎます。

2. オイルパンにオイルを溜める必要がないのでオイルパンを小さくでき、その分エンジンの高さを低くできます。ポルシェは水平対向なのでもともとエンジン高は低いのですが、ドライサンプで鬼に金棒状態です。

3. ポルシェは986、996から水冷エンジンになりましたのでそれまでの空冷(油冷)エンジンとは違ってエンジンオイル量が減りましたが、それでも同排気量の直列エンジンに比べるとエンジンオイル量は多いと言えます。そんな大量のエンジンオイルを保管するのに別タンクは都合が良かったりもします。

これでドライサンプはスポーツカーならではのシステムということが分ると思います。ではインテグレーテッドドライサンプってなんだろうと思ってさらに調べると、996から開発したポルシェ独自の方法で、エンジンが水冷になってから別タンクの必要が実はなくなり、オイルタンク自体エンジンタンクの下にオフセッットされています。(うわー上記メリットを否定してるじゃん)
ただし、オイルパンとは別にありますので、クランクに不必要なオイルがかからないようになっています。これって、やはり真のドライサンプとはいえず、俗にセミドライサンプと言われています。走りにもうるさいがコストにもうるさいポルシェならではのシステムと言えます。

ちなみに、さすがGT3は真のドライサンプ形式です。
[PR]
by harua1971 | 2005-03-27 00:05 | PORSCHE Boxster
<< カラークレスト ホイールセンタ... ボディカラー/スタンダード¥0... >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ブックマーク
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
live free co..
from live free comp..
plant guides
from plant guides
cd booklets
from cd booklets
world povert..
from world poverty ..
real life co..
from real life comic
adobe image ..
from adobe image li..
xerox printer
from xerox printer
hot potatoes
from hot potatoes
princeton un..
from princeton univ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧